目立ちにくい矯正について
inconspicuous

目立ちにくい矯正が注目されている理由

目立ちにくい装置もあります

目立ちにくい装置もあります

矯正のための装置はいくつかタイプがあります。患者さまのご希望や矯正の部位によって、治療中であることが気づかれにくい、目立ちにくい装置もご提案しています。

いっそ目立つ装置で「楽しい矯正ライフ」を

以前は、特に営業職の方などを中心として矯正装置が目立つのを嫌う方が多かったのですが、昨今は事情が変わってきました。
わざと目立つ装置を装着することで、顧客により強く印象づけることができ、ビジネスシーンにおいて矯正治療が決してマイナスになっていないのです。
ときどき色目を変えてみたりすると、「あれ、色が変わったね」と声をかけてもらえたり、「調子はどう?」と気にかけてもらえたり。
うっとうしいと思われる矯正期間を楽しく乗りきる前向きな気持ちを、応援します。

目立ちにくい矯正の種類

コスメティックブラケット(白いブラケット)

セラミックやジルコニアなどの素材を使い、白い歯と同化させることによって目立たないことが期待できる装置。マルチに使え、さまざまな症例に対応することが可能です。

裏側矯正・舌側矯正

歯の裏側に装着する装置で、外側からは矯正治療中であることが分かりにくいものも。すべての症例に適応するとはいえず、治療に時間がかかる、滑舌が悪くなる、調節が難しい、歯肉炎などのトラブルになりやすいなどのデメリットもあります。

マウスピース矯正

取り外し可能なマウスピースを用いて行う矯正治療。人前に出る時には外すことで、気づかれることなく治療を継続することが可能です。適応する症例は広がりつつありますが、抜歯が必要なケースや難症例では難しい場合も。また、歯の根に対するアプローチがないため、治療後に後戻りしやすいことも。

当院で取り扱う目立ちにくい矯正

当院ではコスメティックブラケット(白いブラケット)による矯正治療と、症例を選んでのマウスピース矯正が可能です。

目立ちにくい矯正ができる場合、できない場合

コスメティックブラケット(白いブラケット)での矯正治療では、ほとんどの症例で対応が可能です。マウスピース矯正では、極度の出っ歯や受け口、また抜歯を伴うケースなどで対応が難しい場合も。軽度のものなら対応が可能ですので、まずはご相談ください。

通常の歯科医院で行う目立ちにくい矯正との違い

通常の歯科治療では虫歯の部分のみを見て治療を行いますが、矯正治療では歯並びの悪い部分だけでなく、お口の中や周辺全体の状態を広く捉え、骨格と筋肉のバランスなども見ながら治療を進めます。
手軽なマウスピース矯正などは通常の歯科医院でも取り扱いがある場合がありますが、矯正専門の知識や技術を持たない医師による治療では、十分な成果を望めないケースも。
数多くの症例を経験し、新しい情報に多く接している専門医での治療をおすすめします。

ご予約・お問い合わせは
お気軽に

  • 0562-45-0802
  • メールお問い合わせ